酒飲み夫婦のTwitter 酒飲み夫婦のyoutube

共働きで共倒れ!? サラリーマンは本当につらい

酒飲みの食生活

「共働きはつらい!」「会社辞めたいけどやめられない」
2人で働けば給料もたくさんだし安心と思っている方に共働きサラリーマンの現実を伝えたいと思います。

私自身も結婚当初は、共働きといってもお互い時間をうまく合わせて楽しく過ごそうと考えていました。
しかし共働きしていく中で、不安を感じることや辛いと思うことのほうが多かった気がします。今回は私たち夫婦が体験したストーリーを交えながら、共働きサラリーマンに対する意見を書いていきたいと思います。
まずは共働きのメリット・デメリットから!

共働きのメリット・デメリット

まずは共働きのメリット・デメリットについておさえておきたいと思います。

・メリット

・収入が二人分になり金銭面の余裕ができる。
・家にいることが少ないので光熱費の節約になる。

やはり金銭面に余裕が出るという部分が一番かなと思います!毎月二人分の収入があることで安定しますし、ちょっぴり贅沢もできます。

・デメリット

次にデメリットを書いていきます!

・帰ってから家事をやらなくてはならない
・疲れる、ストレスがたまる
・どちらかが仕事をやめると収入が半減

平日は帰ってきてから、洗濯・料理等様々な家事をやらなくてはならないので結構大変です。私たちも平日はほとんどゆっくりする時間がありません…。
またどちらかが仕事をやめると一人の給与で二人分の生活費となるため、簡単に仕事をやめられません…。

共働きサラリーマンは辛い

メリット・デメリットを書いたうえで私たち夫婦が共働きで辛いなと感じていること体験談とともに書いていきたいと思います!

・共働き=安定ではない!?

共働きサラリーマンて実は安定していないんです。
2人が稼ぐことを前提としてるので、どちらかが働けなくなると簡単に崩れます…。私たちがそうでした。

もちろん結婚前に何かあっても大丈夫なように3ヶ月分の生活費は貯金してありましたし、生活費等についても入念にチェックはしていました‥。
ただ、2人とも働き続けるから、貯金を使うことはないだろうという甘い考えが苦労を引き起こしました。

・結婚は想像以上に環境が変わる

結婚してから環境がガラッと変わり、嫁に相当なストレスがかかっていることに私は気づきませんでした。辛そうだけど、なんとかやってくれるだろ‥程度に考えていました。
私たちの場合は夫が一人暮らししている家に嫁が他県から引っ越してきたので、今考えると、かなり大変だったと思います。引っ越しの手続き、苗字変更とそれに伴う書類の変更等…。さらには慣れない環境で暮らす、初めて実家を出る等、様々なストレスがあったと思います。

・急激な環境の変化に心や体が追い付かない…

ある日、、、仕事に行く事で溜まっていたストレスを解放する時間も余裕もなかった嫁はパンクしてしまいました‥。
大きな引き金となったのは通勤時間でした。今まで往復15分で通っていたのですが、結婚後引越してからは往復3.5時間を満員電車で通勤していました。
その後、嫁は仕事を辞め1週間ほどストレスで動けない状態が続いていました。自分も何をしてあげたら良いか分からず困惑していました。

・共働き=一家の柱が2人→片方が欠けると…

正直嫁の働きぶりに頼っている部分もあり、大きな収入源でもありました。
夫の貯金はまだ十分にあったので、しばらくの間はなんとかなるだろうと考えていました。
そこから約半年間夫の収入と貯金を切り崩しで生活していましたが、、、
気づけば貯金も残り1ヶ月分、このままじゃヤバイかもしれないと不安が過ぎりました。

これっぽっちの給与で支えていけるのか?
家賃は払えるのか、光熱費は?貯金は?と考えれば考えるほど不安でいっぱいになりました。

・本業で物足りず副業アルバイト始めた結果

とにかくお金を稼ごうと考えた結果、本業が休みの日にアルバイトを始めましたが…

・体力が削られる
・学生から痛い目線で見られる(敬語を使わないやつもいる)
・極端に言えば時間を捨てている
・嫁との時間、趣味の時間、自己投資の時間が減る

上記の理由で、消耗系のアルバイトを続けるのは辞めました。しばらく続けて見ましたが月〜金は本業、土日はアルバイトなんて事をしていると‥休む時間も自由時間もありません。時間を捨てて、得るスキルもなく、1時間千円程度しか稼げない‥。あまりオススメしません。

共働きする上で結婚前に確認すべきこと

ここまで、共働きに対する意見や私自身の体験談を書いてきましたが、なんだか暗い感じになってしまいました😱

ここからは共働きをする際に最低限考えだほうが良いと思った事を書いていきます。

・働き続けられるかor同等の収入源があるか?

そもそも結婚後も働き続ける事が出来るか確認が必要です。結婚後は環境がガラッと激変します…。
特に下記三点が大幅に変わる場合、本当に仕事が続けられるか確認した方が良いかと思います。

・通勤(通勤時間、通勤場所、混雑具合等無理なく通勤できるか)
・住まい(周辺状況の変化に対応してストレスなく過ごせるか)
・仕事(転職など考えているか、転職時に生活する貯金があるか)

・いざと言う時の貯金はあるか?

2人とも働いているから大丈夫と思いがちですが‥

上記で書いてきた通り、人生いつ何が起こるか分かりません。生活費と家賃の半年分くらいあると安心かとおもいます。もちろん貯金が無くてもなんとかなりますが‥
心に余裕ができるので、ないよりはあった方がいいですよね!

・お互いに支え続ける事ができるか

日常生活、家事におけるちょっとした気遣いをして支え合うことも大切です。疲れてるなと思ったらデザートを買ってきたり、代わりに家事をやる等…
「はぁ疲れた」といってお互い何もやらなくなるとけんかの原因になったりもします。
運命共同体として一緒に生きていこうってくらいの気持ちが必要です!

まとめ:共働きサラリーマンはしんどい…

正直なところ共働きでサラリーマンをやるのはつらいです…
毎週日曜日になると憂鬱な気分になるときもあります。
なので本業の傍ら副業に励み、2つ以上収入を持っている事が理想的です。

いつか副業がうまくいく事を願いながら‥

コメント

タイトルとURLをコピーしました