酒飲み夫婦のTwitter 酒飲み夫婦のyoutube

妊娠中期の大事件!

こんにちは、酒飲み夫です。以前のブログで夫目線の育児記録を記事にしていくという話をしましたが、さっそく記事にしてみました!今回はタイトルから分かる通り、事件があったので、物語風にして記事にしています。最後にはこの経験から、夫目線で妊娠中に気をつけた方が良いことを書いてみました!是非最後まで覗いていってくださいね!

出産まで108日の出来事

ここからは物語風に、見出しもついているので、漫画や本を読む感覚で読んでいただければと思います!

雨の日の楽しみはご飯

勝負の日や、大事な日は必ず晴れという妻に比べ、私は外に出ればいつも雨。いやそれは言い過ぎか。子供の頃は野球をやってたから、雨が降ると練習が中止になって嬉しかった。でも大人になってから、なぜか雨が苦手になった。そんなある日、事件が起こった。

仕事の休憩中に妻に今日の夕飯何にしようなんて会話をしていた。ちなみに毎日のように夕食何が良いかな?と聞いても、うんざりしない妻にはとても感謝している。

ちなみに妻はラーメンが食べたいと言ってきた。私もラーメンを食べたかったが、胃もたれしそうなので、買ってあるステーキ肉でも食べようと言うことで合致した。お互いラーメンというより、ジャンキーなものや、脂っこいものが食べたかったのだろう。

夕食を楽しみに、仕事をサクッと終わらし、定時ダッシュ。帰ってきたら夕食にとりかかった。オーストラリア産の牛肉を四つ葉バターで焼く。この焼く音がたまらない。我が家は特注の鉄フライパンを愛用している。このフライパンについては後日記事にしようと思う。ステーキの他に緑野菜もつける。トマトとレタスそれに、ピーマンしりしり。トドメに目玉焼を乗せて、ワンプレートにしてみた。

乾杯して一口目、柔らかくてジューシー!最高、今日を振り返りたわいもない話をして、のんびりしていた。しばらくだらだらしていると、、、

牛肉の反乱

アレ、なんだかお腹がちょっと痛い。妻は大丈夫かな?痛いみたいだけど、いつもと似たような痛みとのことで、大丈夫そう。前も牛肉をたべてお腹痛くなっていた気がする。もしかして牛肉アレルギーなのかな。もう一緒に和牛が食べれないと思ったら辛すぎる。いや単純に、胃もたれしているんだろうきっと。

それから20分後、、、やっぱり痛い、トイレに駆け込む。妻も苦しそう。一旦トイレを譲る。すると泣きそうな声が聞こえる。

「うわぁー、やばいかも?」

この時期に起こると危険な兆候が出てしまった。本人は辛そうな声をしつつも冷静、なぜか私がパニック、妻には言わなかったがこの時心臓が漫画みたいに飛び出そうなほどバクバクだった。とりあえず本人に病院してもらい、先生の指示を聞くことにした。そこまで問題ないと言っていたが、不安なら病院で様子を診てもらえるとのことなので、受診しに行くとに。

現金に勝るものはない

私は車をとりに行くために駐車場まで全力ダッシュすること約5分。(家から徒歩10分ほどのところに駐車場を契約している)まだ頭の中はパニック状態、エンジン付けるも動かない、サイドブレーキ引くの忘れてる、落ち着こうと思いゆっくり深呼吸。この時深呼吸して落ち着いてから運転しなければ、事故っていたかもしれない。その後妻を家で拾って病院へ。

夜22:30を過ぎていたが、急な受診にも快く引き受けてくれて、とてもありがたい。コロナの関係で病院内は本人しか入室できないため、入口で待機することに。このときもドラマのワンシーンのようにソワソワしていた。側から見たら不審な人。外から見たら真っ暗なエントランスで入り口付近を歩いている亡霊に見えたかもしれない。

約20分ほど経ち妻が出てきた。本人・お腹の中の子も元気で問題ないと思うが、2・3日は安静にした方が良い。基本的にはベッドから動かないようにとのことだった。

急な出来事で、妻はほとんど何も持たずに家を出ていたため、会計の時に焦った顔で私の下にやってきた。「5,000円持ってる!?」

普段キャッシュレスだが、その日は偶然現金を持っていたので良かった。

会計目終わり、不安から解放され、一気に安堵したと同時に疲労感がズッシリとやってきた。その後妻から「私よりソワソワしてたよね?」と言われたが、本当その通り。帰ってお腹が空いたのか大量にお菓子を食べた覚えがある。

出産を控える方々へのアドバイス

※私はこの経験を通じてパートナー何かあった際は、下記に注意しようと思った。当たり前かもしれないが、焦り・不安が生じるとそれができなかったりする。

・できる限り本人が病院と連絡を取ること。

病院の連絡先はメモっておくと便利。いざという時に保険証を持っていけるようにしておくと良い。(最悪なくても大丈夫だが、後の精算手続きが面倒になる)

・運転する際はいつも以上に慎重にすること。

焦る気持ちはよく分かるけど、焦りから注意散漫になりやすいので要注意!

・もしもの時の現金は常に用意しておく。

キャッシュレスで会計できる病院は少ないため、いざという時のために、5,000円〜10,000円くらいは持っていたほうが良いかも。

・安静にしなさいと言われたら家事も控える

少しぐらいと思って家事を始めると、知らず知らずにかなり動いていたりするので、パートナーに任せてしっかり休むのがベスト。

ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました!今回は中期に起きた事件でしたが、生まれるまではやっぱり安心できないですね、、、初めてということもあり、ビビってばかりの酒飲み夫ですが、父親らしくどんと構えていけるよう頑張ろうと思います!また色々記事にしていこうと思いますので、是非、読んでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました